LORO -SLOW SPOT- に行ってきた

自転車が欲しすぎてしょうがなくなってきている俺ですが、先週のジャイアントストア目黒通りに引き続いてローロ スロースポットに行ってきました。
このたびの目的はリカンベントです。
■リカンベントって何?■
簡単に言うと寝そべった姿勢で足を前に投げ出し、背中から尻にかけて踏ん張ってペダルを漕ぐという、非常に奇異かつ特異なスタイルの自転車のことです。
正直乗ってるところを見ても変態としか思えません。

日本橋の三越付近にある小さなショップです。
ショーウインドウに1台と中に2台のリカンベントがありました。あとは小径車が小さめの店内にずらりと並んでいます。
ひとしきり見回したら感じの良い店員さんがまたがっても良いですよとのことだったので、初めてのリカンベント乗車へ。
感激。
寝そべる姿勢がこんなにも楽でわくわくするものだとは思ってませんでしたわい。
おもわず簡単の声が漏れてしまいました。

上ハンドル(通常の自転車の様に上にハンドルが出ているタイプ)と下ハンドル(シートの下の位置から左右に出ているハンドル。操縦桿っぽい)の2種類に乗らせてもらったんですが、やはり巷の評判通り、下ハンドルの視界の開けっぷりったらなかったです。何せ目の前に何も無いからすべてをさらけ出している開放感、言ってみれば通常生活空間に全裸でいるようなムズ痒さに似た感覚を覚えます。
逆に言うとあまりにも新しい感覚と、それに伴う不慣れな思いからいきなり路上なり通勤なりで使用する分にはためらいを覚えます。まあ俺がヘタレだったりするという理由もあるんですが。でも操作感の違いはいかんともしがたいところではあると思うので、乗る分には練習が必要ですと思います。下ハンドルに関しては。

日本橋のこちらでは店内も小さめだったんですが、世田谷の方では試乗も出来るということで、またそちらにも行ってみたいと思います。

あー乗るんじゃなかった。欲しいわー。

【関連情報】 折り畳み自転車/リカンベント専門店-LORO HPV Group-

コメントを残す

*