ホワイトハウスのIT環境ってどうなってるの?

IT
アメリカ合衆国のホワイトハウスはどのようなIT環境になっているのでしょうか?
ホワイトハウスのIT環境を採点する -Wired Vision

前述の『Washington Post』紙の記事によると、ホワイトハウスのコンピュータに搭載されているのは、6年前のバージョンの米Microsoft社製ソフトウェアだという。

WindowsXPが現役だそうです。

『FOXNews.com』の記事によると、ホワイトハウスは『Wi-Fi』(ワイファイ)ネットワークに対応していないという。

セキュリティーを考えると有線の方が安心なのかもしれません。

ブログ『TechPresident』の共同創設者Andrew Rasiej氏によると、ホワイトハウスの職員はインスタント・メッセージ(IM)で連絡を取り合うことが禁止(PDFファイル、11ページ参照)されているという。

何気ない会話も機密にかかわるのでメッセンジャーを使用してはいけないことになっているようです。

ジョージ・W・ブッシュ氏を憶えているだろうか? 『Slate』の記事によると、ブッシュ氏が大統領だったとき、ホワイトハウスのIT部門では、Twitterをはじめ『MySpace』『Facebook』『YouTube』などのサイトを禁じていたという。

SNSは禁止だそうです。確かにTwitterとかで色々漏れてしまっては困ります。

ブッシュ前大統領の任期中、『iTunes Store』にアクセスするのは2名だけだった。1人は前大統領個人に付いていたアシスタントで、この人物が、楽曲をブッシュ前大統領のiPodにダウンロードしていた。

iTunes係がいるんですね・・・ブッシュ前大統領、オバマ大統領二人ともiPodユーザーだそうです。
意外と身近なシステムが多い気がします。

合衆国再生―大いなる希望を抱いて
バラク・オバマ
ダイヤモンド社

¥ 1,995 (定価)
 (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本

(価格・在庫状況は10月23日 19:39現在)


コメントを残す

*