11月18日 お昼の SuKiMa News

まずは時事ニュース。
初代新幹線0系フィーバー ラストランへ異例の警備 [Asahi.com]

週末のホームは別れを惜しむ鉄道ファンであふれ、最終日の指定席券は瞬時に売り切れた。あまりの盛り上がりに、JR西日本は22日から異例の警備態勢をとる。

鉄道ファンの方々は激しい人もいるようです。
参考:電車の撮影を巡って激しい罵声が飛び交う大宮駅の映像 -ひろぶろ
油も水もどんな液体もはじくスーパー物質が開発される [らばQ]

最初は空軍がすでに開発していた多数のフッ素が含まれたポリマーを改良したのだそうです。
その物質から、リトグラフを利用してパターンをその構造にかぶせ、疎油性を増加させました。これらの小さなミクロの構造は小さな気孔ポケットを作り、これが液体を浸透させずに抑える役目を果たします。
そしてこれが、疎油性も疎水性もあることがわかったのです。そしてそれはどんな液体をもはじくのです。

指紋がつかないような素材開発が期待されるようです。黒いプラスティックなんかすぐ指紋が付いてしまいますからね・・・
「USB 3.0」規格が完成――推進団体が発表 [IT Media]

米Intelら業界大手6社が中心となるUSB 3.0推進団体、USB 3.0 Promoter Groupは11月17日、USB 3.0規格の初期版が完成したと発表した。今後は認定取得に向けてUSB規格の管轄団体USB Implementers Forum(USB-IF)に移管さられる。

5GBpsで転送可能だそうです。USB2.0(480KBps)の約10倍ですね。
次は調査統計ニュースです。
食は「国産品を買う」が9割 安全志向強まる [J-CAST ニュース]

内閣府が2008年11月15日に発表した「食料・農業・農村の役割に関する世論調査」で、食料品を買う際に国産品を選ぶ人の割合が89.0%となった。00年7月の調査と比較すると、「国産品」と答えた人は7.1%増加し、「特にこだわらない」と答えた人は6.4%低下した。

あまりにも事件が多いと遠慮がちになってしまうかもしれないですね。
中国の形成外科医、自分も40─50回は整形 [世界のこぼれ話 ロイター]

自身も形成外科医であるShiさんはこれまで、しわ取りや二重まぶたの手術をはじめ、鼻や輪郭の修正、豊胸や痩身など、さまざまな美容整形を経験してきた。ロイターの取材に対し「子どものころから可愛くなるのが好きだった」と語った。

これじゃあまるで可愛くなる=整形みたいになってます。
1日の睡眠時間5時間以下なら要注意……“もしも”の前に [Business Media 誠]

(1)週60時間以上の就労(2)月50時間以上の残業(3)月間の所定休日の半分以上の出勤。どれかひとつでも数カ月以上にわたり続いていれば要注意だ。

ストレスがかかったあとにホッとすると危ないそうです。
消費行動に関する調査–年をとるにつれクチコミを信じなくなる? [CNET]

70%以上のユーザーがECサイトの知名度を気にする。
理想的なECサイトは、知名度はないが割安なサイト。
男性は「規模」、女性は「信頼」「価格」、そして「評判」を重視する。
女性に比べ男性はクチコミ情報に影響を受けづらい。
若年層ほどクチコミ情報を意識し、年齢が上がるにつれ影響を受けづらい傾向がある。

年を取っている人には実演販売が効果ありなんでしょうか。
「YouTube」はラジオ代わり、CDは買わない?――イマドキ中高生と音楽 [IT Media]

 「いいものはCDで買うが、中途半端なアーティストは買われなくなる。消費者は頭がよくなったんだろう。ネットで落として聞く人は、その音楽に愛情がないんじゃないか」(高2男子)

購入に至るまでの判断材料が増えているので買うかどうかをよく考えるようになったのかもしれません。

 4人全員が「CDをマスターとは呼ばないし、呼ぶ人をも見たことがない」という。もともと音楽を聴かないという大学1年生(20)は「音楽を聴く友人でも、CDを『マスター』と呼んでいる人はいない」と話していた。

一時期、最近の中高生がCDをマスターと呼んでいるという話がありましたが今回の4人は呼んでないそうです。
最後にネタ、トリビアなど。
高速道路も走れる木製スーパーカー「真庭」 [GIGAZINE]

岡山県真庭市にある佐田建美という家具工場で、「木で作れない物はない」を合言葉に制作されたのが木製のスーパーカー「真庭」。タモの合わせ材や地元・真庭産のヒノキ材などを使って作られています。なんと、時速80kmでの走行が可能で実際に高速道路を走ったこともあるそうです。

陸運局に登録して、公道を走れます。
尿から飲料水–スペースシャトル「エンデバー」に搭載の気になる装置 [CNET]

実験(この実験は今回のフライトにおける目玉の1つとなっている)に使われる汚水再生装置は2億5000万ドルもしたのである。

実験っていってますが、失敗したらかなり痛いような気がします。

コメントを残す

*