11月10日 お昼の SuKiMa News

金融危機の嵐こう生きろ! 専門家がこっそり伝授 [Business Media 誠]

(1)通信費(2)車(3)保険-の見直しを厳命する。

車を持たないっていうのはよく言われますね。
可読性が高い、使いやすそうなフリーフォント集[コリス]

Clean font showcase」では、ほかにも無料や有料の可読性の高いフォントを紹介しています。

日本語だとなかなか難しいんですが英字だといいのがたくさんありますね。
タブレット型MacBookついに登場!「MacBook Paper」を公開![医者を志す妻を応援する夫の日記]

以前より噂されていたタブレット型MacBookがついに登場した。その名も「MacBook Paper(マックブック・ペーパー)」。アルミ削り出しの前モデルから一転、素材には紙が使用されている。MacBook Airを超える史上最薄を実現、さらに史上最軽量となっている。さっそく、入手したMacBook Paperを使ってみた。

高所から落下させても平気です。
イライラしないで!・・・ 「時間にルーズな人」への対処法 [時間管理術研究所]

対処法 その1: 時間が来たら始めてしまう
対処法 その2: あえて半端な時刻を設定する
対処法 その3: 終了時刻も決めておく

実写版「ドラゴンボール」、悟空が大猿化した姿がかなり変 [痛いニュース]
リンク先にひどい写真がアップされています。
参考 :実写映画版「ドラゴンボール」の大猿になった悟空が衝撃的な姿に – GIGAZINE
「ペイオフ第1号」はどこだ? 信金・信組の名前入りで飛び交う噂 [J-cast News]

銀行界では、公的資金を必要とする、あるいはペイオフの「第1号」となる金融機関の名前の取りざたがはじまった。「大手や地銀は合併への道筋をつけ、ペイオフの実験には、比較的預金量の少ない信金・信組で影響をみる」と、ある地銀幹部は、さもシナリオができているかのように話す。

ソースの信憑性がどうかわかりませんが、決まっちゃってるんですかね。
デートで不用意にオゴってしまった自分を慰める、5つの考え方 [lifehacker]

<【1】「これは、浪費じゃない、投資なんだ」と考える。 【2】「女の子は、メイクをしたり、美容院や洋服代にお金がかかるから、デート代は負担してあげてもいいんだ」と考える。 【3】「楽しい時間に対する感謝の気持ちをお金で表現したんだ」と考える。 【4】「セコい男だと思われるよりずっとマシだったはず」と考える。 【5】「お金を回すことで、いつか自分に返ってくる」と考える。

よくある話です。
DS LiteをオーバークロックするXCM Hyper Gearケース [engadget japanese]

一般的な保護ケースではなく本体の外装を置き換える交換シェルに分類されるもので、特徴はスタート・セレクトボタンのとなりにオーバークロック・Rapid Fire(連射)機能のハードウェアスイッチを備えること。
クロック倍率は定格の1.4Xと1.7Xが用意されており、有効にすれば基本的にすべてが加速された状態になります。用途はメーカーのうたう「一度クリアしたゲームも高速モードでまったく新しい挑戦に!」という向上心(?)系のほか、飛ばせないシーケンスや移動・CPU手番の早送りなど。

オーバークロックしたDSの動画↓
速い!そして若干なめらかになっているような気がします。
なぜ「ネット専業広告代理店」にはスタークリエイターがいないのか [アドマン2.0]

バナー広告1本辺り10万取れたらいいほうで、1本5万とかひどいときは無料とか、そういう世界観で戦っている。つまりはそんな価値しか感じられていない(こういう世界観を作っちゃったのは誰なんだろう・・・)。

まぁ、無料っていうのはよくありましたね・・・データってやっぱり安いイメージなんですよね。

そんな環境の中、各代理店のクリエイティブDivの方々はせっせとバナーを作ったりしているわけです。それも大量に。だからいつもキャパオーバー。余裕がない。余裕がないから、どちらかというと創作ではなく、制作あるいは製造に近い仕事。創るではなく、作るの世界。だから世に言うスタークリエーターが生まれない。そういう仕事をしてないから。

その通りかもしれません。
「上昇志向、ないんです」――「やわらか戦車」作者の今 [IT Media]

 「作品が面白くなかったんだと思う。商品化にかまけて作品をきちんと作り切れていないという自覚はあって、実際、痛いところを突かれていた」。そう考えた、それ以降作品が変わったという。「どうせ叩かれるならもっと頑張ってから叩かれようと思って」

一時期ネットでボロクソにかかれていたやわらか戦車ですが・・・
参考:捏造人気のやわらか戦車がNHK教育「トップランナー」で素顔を明かす – 無題ブログ

コメントを残す

*