iPhoneをモデム化するソフト NetShare


iPhoneのパケット通信し放題の契約を使ってPCからネットし放題にするソフトNetShareがiTunesのAppStoreで発売されました。1200円です。
昨日発売されて、すぐに公開中止になったのですが、今日になってまた販売が開始されました。
購入ページ(iTunes Storeに飛びます)
早速試してみたところ、なかなかつながりませんでした。
先ほどようやくつながったので気づいたことをいくつか紹介します。


1.WEPのパスはかけない。(かけると接続できませんでした)
2.Windowsの場合Proxiferを使ったほうが楽。
3.MacOSXのTerminalのpingはiPhoneまでしか通らない。
Macでの設定方法
http://www.macotakara.jp/blog/index.php?ID=691
http://blog.gaspanik.com/netshare-configuration-with-mac
WindowsXPでの設定方法
http://forums.macrumors.com/showpost.php?p=5956228&postcount=126

Proxiferというソフトを使ってやると設定が楽です。
Apple Store(Japan)

“iPhoneをモデム化するソフト NetShare” への1件のフィードバック

  1. (iPhoneアプリの)NetShare入手と使用に成功しました!

    iPhoneを無線LANモデムにしてくれる場合によっては超ありがたいソフトNetShareを入手しましたので、その使用感をご紹介します。すぐappstoreから消されてしまいましたが、まさにインターネットマシンといえるこの手のソフトを早く自由に使えるようになって欲しいですね。

コメントを残す

*