Excelでチェックボックスを大量に作れるマクロ

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
仕事の関係で、500個のチェックボックスを作るはめになったので
簡単な方法を探してさまよった結果、ここが一番シンプルなコードでした。

Excelのチェックボックスはオブジェクトになっていて、
チェックボックスと任意のセルをリンクさせることで、
チェックの有無によって異なる結果を表示させることができるわけです。(例えば、チェックボックスとセルA1がリンクされていれば、ボックスにチェックを入れた時に、セルA1にTrueという値が入るので、あとはIFの条件式にA1がTrueかどうかをいれればいい)

このチェックボックスはコピー&貼り付けが簡単にできません。
セルA1に乗っかっているチェックボックスを1行下のA2にコピーしたら、リンクもA2に移ってほしいのですが、
実際には、2つのチェックボックスがA1とリンクした状態になるのです。
だから、あるチェックボックスを作って、100個コピーすれば、すべてのボックスが同一のセルと関係付けられてしまうのです。
これを手動で変更するのは非常に面倒なので一気にマクロで生成したいと考えたわけです。

セルA1:チェックボックス□<->セルB1:左記のボックスの状態が入る(False or True)
このボックスをA2にコピーすると、普通はB2のセルに関連づいてほしい!!

というわけで、
選択した領域に対してチェックボックスを展開し、
各チェックボックスには相対参照で指定したセルが関連付けれる
このマクロを活用したわけです。

コメントを残す

*