音楽販売でのロングテール化に見られる3つの側面

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
>1つ目はメガヒットのタイトル数や1枚あたりの売上枚数が減少していること。

>2つめは、音楽ジャンルの細分化が進んだことで、そうしたメガヒットが特定の層だけに強く支持される、より小規模なヒットに移行していることが考えられる。

>さらに3つめとして、熱心な音楽愛好者達の興味対象が、ロングテールの最たる部分であるマイナーレーベルやインディーズといった領域にシフトしており、その実体は年を追うごとにさらに細分化しその数を増やしていると筆者は考えている。

私は3つめの中でうまいことやるしかないですね・・・(笑)

コメントを残す

*