「真のゆとり教育」が生んだ18歳天才プログラマー インタビュー

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
>3次元画像処理システムの開発で千葉大理学部2年の上野康平
やはり英語が大切な模様です。
義務教育内+高校と英語の授業があるのに英語が使えないのは、もう教育方法が間違ってるとか、そういうことなんじゃないでしょうか。
でも他の教科もばっちり使いこなすまでに至るわけではないからそんなもんなんだろうか。
> ただ一方で米国の制度も完璧というわけではないと思います。有名校に行くために自己推薦が重視されるため、ボランティア活動ばかりに精を出す人もいます。一概にどちらがいいとは言えないかもしれません。
とってつけたようなデメリットに見えるんだが。はて。

コメントを残す

*