コンサルティング志望の方へ:内定者が語る就職活動FAQ

そろそろ就職活動も本格化する時期です.そこで,2年前に外資系戦略コンサルティング会社内定の友人から聞いた,製造業などへの就活とは違う点や,よくきく質問をFAQ方式でまとめてみました.
Q:やはり企業分析は重要ですか?
A:自己・業界・企業分析ともに重要ですが,加えてコンサル業界にいる人の特性を知ることも重要ではないでしょうか。たくさん雑談して生き方や価値観などを事前に知ることで,自分に向いている業界かどうか分かると思うし,こういう人と働きたい!という直感も大切だと思います.意外と同じ業界の人間はどこの会社も似ています.


Q:毎日,新聞は読まなければいけないのですか?
A:必要ないです.それより,主要記事3つを選んで背景事情や対処方法を考えた方が面接を乗り切るには有効です.その他には,自分が関心がある業界について最近のトレンドを知っておく必要はあると思います.コンサルの面接は建設的な議論を歓迎してくれるので,もし持論に反論されても、面接相手を気にせずに再反論(説明)すればいいと思います.ただし,論理的に自信を持ってね.
Q:OB訪問はしたほうがいいですか?
A:すべきです.面接の多くは最後に「何か質問はありますか?」といわれます.
ここで,OB訪問してないことがばれてると,一般的な業務に関する質問をしてしまった時に,微妙な空気にななります.なぜならば,事前にOB訪問すれば解決してたのに,なんでこの人はしなかったの?って思われるからです.疑問があって解決できる手段もあるのに,どうしてこの人は準備しなかったんだろう?と思われると,やる気がないと勘違いされかねません.コンサルの面接では,相手が「どうして?」と思ったことを面接中に説明できなければ,通過は厳しいと思うので,なるべく芽は摘んでおいた方がいいと思います.
それに,他の学生もOB訪問しなければ問題ないですが,ライバルとの戦いなので周りの標準と合わせた方が無難だと思います.
余談ですが,面接の最後にする質問は,面接官の個性を知る質問がいいと思います.上司との衝突をどう回避しているのか?とかね.
Q:履歴書は手書きですか?
A:日系のメーカーは知りませんが,コンサルに関してはパソコン入力による印刷で十分です.もちろん手書きの指定があれば別ですが.履歴書は自分の略歴を教えるもので,自分の字のうまさをアピールするものもないし,紙一枚を丁寧に書いたから丁寧な仕事ができると考えてはもらえないでしょう.履歴書に関しては,たいてい別途エントリーシートESを書いているでしょうから,志望動機とかはできるだけ欄が小さいものがいいと思います.
Q:証明写真はデパートですか?
A:べつにスピード写真で十分だと思います.面接に呼ばれれば実際に顔をみられるわけだし.写真の画質よりも,髪型とか笑顔とかが重要では?女性の場合は,顔採用がある場合もありますので,伊勢丹でメイクしてもらうのも手だと思います.
【関連情報】 履歴書の雛形(マイクロソフト)
おすすめ就活対策本:筆記試験の完全攻略2010年度版 (日経就職シリーズ)
企業がどのWebテストを採用しているか,調べてあるので事前対策に有効です.
テストセンターもSPIを解けば問題の質は同じだから大丈夫だと思います.
Webテストは友人と協力し合うことが大切です.なので,グループで1冊保有して,各々が志望する企業が採用している形式の問題を受験直前に解いて協力し合えば,合格しやすいです。

コメントを残す

*