他人の記事に「反応」することが自分の記事を生む

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
とりあえず、コメントから始めてみようという意見とともに具体的な書き方。

>同じ賛同の意を示すのでも、自分はこの考えが「好きだ」だけでは話がふくらまない。例えばあなたの体験を具体例として織り交ぜながら、どんなふうに賛成なのか? どう好きなのか? をリアルに書くとどうだろう?
>
> 読んだ人は思わず引き込まれ、心の中で「それ、あるある! 私もそうなんだよ!」と共感する。それだけでなく、あなたのブログのコメント欄に書き込んでくれるかもしれない。
>
> いっちょう上がりである。

ようはこういう事なのですが、通常のBlogとSNS中の日記機能を比較すると、個人的にはやはりBlogのほうが気を使います。

ここ(sukima clips)でももっとエッジのある記事を書いていきたいものです・・・

コメントを残す

*