LASIKによる視力回復体験記

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
レーシックにはとてもとても興味アリアリです。
というかお金があったらすぐにでもしたいところです。
> 「ガラスを通してないとはいえ、私はこの夜景を、コンタクトを通じて見ている。つまり、そこでも夜景の劣化が起こってるのではないか?」
というのは俺も空を見上げるたびに思っていることで、いつか眼鏡をなくして、視力の回復した何も通していない目で空や風景を見たいと願ってやまないものです。
数十年後のリスクなど、まだまだ不明で不安な部分もありますが、それでもどうにかレーシックにはチャレンジしたいところ。
ちなみに俺と某氏も例の人もみんな眼鏡マンです。すきまクリップとその周辺は眼鏡率が非常に高いです。

【関連情報】 ろじっくぱらだいす

コメントを残す

*