BabyPrincessはユーザーが妄想するのではなく「妄想に応答する」ための企画である

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
>我々ユーザーがシスプリという企画を消費するにあたっては基本的に、まず彼女たちのトチ狂ったメルヘンな言動を受け止めてやって、その妄想周波数にどれだけチューニングしてやれるかという受信の手続きこそが重要でした。
そういうことであったか!
巷で話題に上っているBabyPrincessはあまり気にかけていないのですが(興味はあるようです)拙者、シスプリにはそれはもう傾倒していた時期がございまして、まさにマイライフそのもの、といった具合でありその事についてのひとつの理由が示されたような気が致す次第。
あの頃の情熱はどこに置いてきてしまったんじゃろうか。

【関連情報】 好き好き大好きっ

コメントを残す

*