セマンティックな流れ

【この記事はリンク先のサイトについて記述されています】
ネット上にある情報を取得し、内容を解析し、ほしい情報だけを取り出すって行動は、人間だと簡単なんだけどプログラムで実施するには結構大変。
たとえば、イベント情報を考えたときに、ある数字列について開催日?終了日?料金?まったく関係ない?の判断は、人間だと全体を眺めて何となく把握できるけど、プログラムするのは難しいんすよ。
そこで、これはどういう情報なのかをすべて定義してやろうというのがセマンティックな考え方です。RSSとかXMLとかとおなじ方向ですね。
それが、だんだん実現できそうな兆しが見えてきたよという記事です。ちなみに、複数のRSS情報を加工して自分の好みにあった記事だけを抜き出してくれるサービス「Yahoo! Pipes」が米ヤフーでははじまってます。

【関連情報】 Yahoo! Pipesの解説

コメントを残す

*