契約する際の注意点は?

■内見の時に注意すること
不動産屋の人や実際の大家さんに会う場合は、なるべく清潔感のある身なりにしましょう。
当然のことながら挨拶もきちんとしましょう。このような小さな心がけでも安心感が違ってくるものです。
戸や窓の立て付け、コンセントの有無、収納の作りを確認しましょう。メジャーを持って行って採寸するのもよいかと思います。
カーテンの大きさ、便座の形などもチェックしていいと思います。
水回りはリフォームされているか(途中でごっそり入れ替えるのは無理なので) 古い物件の場合、水回りをいつ交換したかなどを聞いてみましょう。
駐車場や庭の大きさ(車が入れやすいかどうか、自転車はとめられるか)の確認もしましょう。
■契約の際注意すること
敷金・礼金の取り扱いはどうなっているか?(敷金は戻ってくるのかどうか)
楽器はOKかどうか、ペットはOKかどうか、事務所利用がOKかどうか・・・などを事前に確認しておきましょう。
後々トラブルの原因になることがあります。
■複数の不動産屋が同じ物件を扱っている場合は?
不動産屋にはいくつか種類があって、他の不動産屋が扱っている物件を仲介しているところもあります。
その場合、直に扱っている不動産屋で契約すると契約手数料が家賃の半額なのに、仲介しているところだと1ヶ月分まるまる持って行かれたりします。
いいと思った物件があったら、不動産サイト以外のGoogleなどの検索エンジンで条件を入力して(駅名、間取りなど)直接検索してます。
すると、その物件を直接を握っている街の小さな不動産屋のサイトが見つかったりします。
そこで直接不動産屋に掛け合うと手数料を節約できる場合があります。
■シェアリングをやめるときはどうすればよいか
だいたいの不動産には契約期間があるので、その契約が満了するまでに次の物件を決めて
順次引っ越します。契約満了日に同時に引っ越しすると非常に混乱するので、
最後の1ヶ月で毎週末ごとに引っ越しするのがベストでしょう。
お金の精算もきちんとしましょう。
みんなで出て行く際に一人だけお金が用意できなくて出られない!ということにならないように
積み立てをしたり、クレジットカードのキャッシング枠を広げておきましょう。

“契約する際の注意点は?” への1件のフィードバック

  1. tintsetp より:

    DLさせていただきました。
    ありがとうございました。

コメントを残す

*