海の中にある温泉「黄金崎不老不死温泉」

車窓からの眺めがきれいなことで有名な五能線に乗って黄金崎不老不死温泉を訪ねました。白神山地の十二湖を散策した後、夕日を見ながらのお湯を楽しみました。
(現在は、日帰り客は16時までしか露天風呂には入れないそうです)
リゾートしらかみ
交通手段は、行きも帰りもバスを利用しました。
十二湖駅⇔ウェスパ椿山(温泉最寄り駅)⇔不老不死温泉
は路線バスが出ているので、運行間隔が長く近距離移動に向かない五能線を補っています。また、ホテルも特急列車の時間に合わせて最寄り駅への送迎を行っているので、非常にありがたいです。


黄金崎不老不死温泉
受付を終え、海へと続く道を着替えとタオルを持って歩くと、脱衣所と露天風呂があります。お風呂内は撮影不可のため撮影できませんでした。
イメージとしては、砂浜ではなく岩場の海岸に穴が掘ってあってその中にお湯が入っています。湯船は平岩で造られていて、海水にさらされているからか茶色に酸化してました。すぐそばまで波しぶきが来ているので、お湯も塩味になっています。
目の前は、水平線が広がっているので、その広大な景色を眺めてもよし。
足元の波打ち際に現れる泡をぼーっと見つめるのもよし。
いろいろな楽しみ方ができる温泉でした。
ただ、最後は塩を流すために、べたべたのまま服を着て屋内の風呂に向かわないといけない手間がかかります。
不老ふ死温泉
青森県西津軽郡深浦町大字舮作字下清滝15
TEL:0173-74-3500
http://www.furofushi.com/

コメントを残す

*