都心近場の館山で三泊四日の合宿をしました。

SuKiMa.Clipsの新サーバー移行作業も兼ねて南房総の館山で合宿をしてきました。
千葉県、房総半島の先端にある館山は、都心から2時間で観光スポットです。
目の前に広がる太平洋や強い日差しを感じることができ、植生も沖縄など南の島のような細長い草林が多いことから、南欧・地中海沿岸にいるような雰囲気を感じることができます。また、街から外れるとコンビニやチェーン店も無く、非日常的な感覚を味わえます。


●東京からのアクセス
東京からは東京駅から内房線で向かう方法とアクアラインを経由する高速バスがありますが、値段は変わらず、時間も乗り換えのロスがない分バスが早いです。
また、バスだと海ほたるで休憩があります。ただし、10分間しかないのであまり期待はできません。今回は、12:20に東京駅を出発して、14:20到着予定でしたが、実際は14:00には館山駅着きました。
▼館山市街からホテルへ
館山駅からホテルが立地する海沿いへは路線バスを使うのですが、場所によっては本数が少ないです。今回の泊まるホテルの最寄の停留所へ行くバスは15:30までありませんでしたが、ホテルの少し先にある停留所へ向かうバスは比較的本数があり、14:10館山駅発の路線バスに飛び乗ることができました。ホテルによってはシャトルバスも出ているので到着時間に合わせて使い分けるといいです。
▼路線バスの乗り方
館山駅からは始発になるので、整理券は受け取らずにそのまま座ります。高速バスから路線バスに乗り継ぐ場合は、路線バス代金割引券(どこまでも200円)を高速バス下車時に忘れずにもらいましょう。路線バスの時刻表と路線図は、JR関東バスのHPから見ることができますが、代表的な停留所しか載っていないので推測が必要です。携帯やiPhoneでGoogleMapsを見ながら停留所名と地名を確認しながら乗車すると便利です。降りるときは、降車ボタンを押して200円を払います(割引券がない場合の料金は車内になる電光掲示板を参照)。
●今回泊まったホテル
ホテル・アクシオン館山は、平砂浦海岸にあるリゾートホテルです。建物・施設は新しいとは言えませんが、スタッフの人も感じがよく、値段もリーズナブルです。最寄のバス停は平砂浦海岸になりますが、本数が少ないため平砂浦シーサイドホテル前の停留所から東へ歩きました(徒歩15分)。
ホテル・アクシオン館山
千葉県館山市小沼352-2
TEL:0470-29-2100
http://www.accion.co.jp/index.html
9月初旬でも、日差しは強く、東京の隣とは思えません。部屋からは、南欧風の建物やプールが見え、それが太陽や青空、目の前に広がる太平洋とうまくマッチしています。また、夏休みが終わった平日とあって、人も少なく静かにのんびりできました。朝日から夕日まで、いろいろな太陽を見ることができ、日の入り直前の色の移り変わりはとてもきれいです。

▼ネットワーク環境
IT機器の使用に関しては、ロビーには無線LANが完備されていますが、部屋からは受信できません。携帯電話は、DoCoMoは問題ないです。SoftBankとE-MOBILEは窓際はぎりぎり通信可能です。ホテル周辺の屋外にでれば3本立ちます。
▼プール
部屋に荷物を置いて、早速泳ごうと思ったのですが、目の前の海は遊泳禁止だそうです。水も透明だし砂浜も比較的きれいで、波も穏やかなので残念です。
屋外プールは日没まで遊泳可能です。子供用の浅いエリアと普通のエリアがあるので、子供連れのファミリーでも大丈夫です。人が少なかったため、のんびり泳げましたが、夏休みの小さい子供が来ている時期だとにぎやかでしょう。プールの大きさは目算で20m×5mぐらいです。
プールサイドにはリクライニングチェアが並んでおり、泳いだ後はゆっくり肌を焼くこともできます。パラソルの影の下で本を読んでいる人もおり、泳がなくても十分満喫できます。繁忙期にはバーが開いているそうですが、今回は終了していました。
▼温泉
ホテル・アクシオン館山には温泉が2箇所あって、4階にある展望浴場と1階の露天風呂+サウナがあります。特に、混んでいないので貸しきり状態で、青空の下で露天風呂に入ってのんびりすると気持ちいいです。ただし、お湯は塩素消毒されているので、外に出るときにシャワーを浴びることをお勧めします。
▼食事
ホテル・アクシオン館山の中には、レストラン(和食とフレンチ)とカフェ(イタリアン)が入っていますが、メニューはあまり多くなく、サービスレベルはそこまで高くありません。ルームサービスはピザが2種類用意されています。
周辺には、おいしいお寿司屋さんなどの魚介類を扱うお店がいくつかあります。マイカーで訪れた方は問題ありませんが、電車やバスの場合はホテルでレンタサイクル(300円/h)を借りるといいです。ただし、ギアが無いのと、日没後は街灯が無くかなり危険なので注意が必要です。少なくとも2名以上で行動した方がいいでしょう。
口コミサイトのtabelogで評価の高い富鮨は自転車で25分ぐらいのところにあります。クチコミ情報通り、シャリが崩れやすく食べにくいのですが、ネタは肉厚があるにもかかわらず柔らかく、口に入れるとシャリと合わさってとろけるようなおいしさです。
また、近場の漁港に海の家「だいぼ」もランチタイムだけイートインがあります。ここでも、お寿司を注文しましたがシャリが詰まっていて食べ応えがあるお寿司でした。ネタも大きいな切り身が堂々とのっていて、漁師の奥さんがやってる素朴なお店って感じです。
また、部屋で食べたい人は、近場にコンビニはありませんが、ホテルを出て自転車で20分ぐらい走ればスーパーにたどり着けます。ホテルの自動販売機は、ドリンクとアイスがありますがホテル価格です。また、ホテルがある地区は近隣のガストの宅配圏内なのでお弁当や軽食を注文することができます。実際は、部屋まで運んでもらうのはフロントを通すので厄介らしく、携帯に連絡が入って駐車場に受け取りに行きました。

コメントを残す

*