BootCamp MacBookをHDD換装するための長い道程。その2

bootcampによるデュアルブート環境をどうコピーするかという問題に取り組みました。

購入した交換用HDDをケースに入れてmacbookに接続したのが前回まで。
新しいHDDに現行の環境をそっくり移そうというのが今回のミッションです。

 1.macのバックアップソフトではWindowsの起動用


パーティションをコピーできない。
 2.Windowsのバックアップソフトではmacの記録領域を読めない。
Macindows特有のこんなすてきな八方塞がりを解決してくれたのが、
「Winclone」というbootcamp環境バックアップソフトでした。
一部ではNTFS非対応との情報もありますが、
最新版では正式に対応してます。
新しいソフトなので、バグも多いですが、アップデート対応も早いようです。
実際、NTFSでの復元作業中にバグで止まりましたが、
翌々日の自動アップデートであっさり解決してました。
すばらしい。見事にWindows領域が複製できてました。

あとはmac領域と起動パーティションなのですが、
mac領域は定番「Carbon copy cloner」で環境ごとコピー。
外付けとして起動ディスク指定すると今までどおりの環境であっさり起動しました。
すばらしい。

起動パーティションについてよくよく考えたら、
起動パーティション自体は無個性なので同様の環境を再び構築すれば良いと気づきました。
重要なのは右脳と左脳で、脳幹は新しくすげ替えれば良いのです。
「Winclone」でバックアップをとってから、bootcampを再構築しましょう。
そこに元の環境を複製し直せば元通りだっ!

次回は
HDDの物理的な移植作業についてです。

【関連情報】 http://www.bombich.com/software/ccc.html

コメントを残す

*